福留麻里ソロダンス ワーク・イン・プログレス
「まとまらない身体と」

ダンサー・振付家 福留麻里の約5年ぶりのソロダンスプロジェクト。

ダンスは色々なことからはじまって、その一つひとつの゙行き交う場所が 踊る身体です。 それぞれにバラバラなダンスのはじまりが、なるべくまとまりのないまま 集合できるような時間について、つながりのないものがつながっていくことについて、それを見るということについて考えながら進んでいます。

2021年2月から1年かけて、様々な変化をからだで辿りながら、
50以上の小さな振付を作ってきました。
振付は増えていき、繰り返される上演を終えても完成することなく続いていきます。
むすびつき ほどけて 消えていく 小さなはじまりの残像集。

ダンス:福留麻里
セノグラフィー:佐々木文美
宣伝美術:伊東友子
制作:萩谷早枝子
協力:時里充
主催:ローディング・エレファント

ローディング・エレファント

東京ワーク・イン・プログレス

会場:都内スタジオ(江東区)
※ 会場の詳細はご予約いただいた方のみにお知らせします。

2022年3月25日(金)19:00
26日(土)13:00 / 17:00

※ 各回終演後に意見交換会を行います

参加費:2000円(税込)
定員:各回15名18名(完全予約制)

助成:公益財団法人セゾン文化財団

山口ワーク・イン・プログレス

会場:スタジオイマイチ
山口県山口市道場門前2-4-15 中村ビル2F

2022年2月25日(金)19:00
26日(土)15:00 *

*ショーイング上演後、スタジオイマイチのイフクキョウコ ファシリテーションによる
対話型観賞会「パフォーマンスを見て話そう」を行います。

参加費:2000円
定員:各回6名(完全予約制)

共催:スタジオイマイチ
助成:公益財団法人セゾン文化財団
公益財団法人山口市文化振興財団

福留麻里

ダンサー・振付家。ダンスのはじまりや、ダンスになる手前にある可能性を探り、いくつものやりとりから生まれる感覚や考えや動きを見つめ紡ぎながら、様々な場や状況、人と共に踊っている。ひみつのからだレシピ(BONUS木村覚との共同企画)。2020-2021年度セゾン・フェローⅠ。2020年より山口県在住。

お問い合わせ

loadingelephants@gmail.com

ローディング・エレファント